ニュース一覧

ママと赤ちゃん

安全に利用しよう

抱っこ紐を購入するときは、事故を防ぐためにも取り扱い説明書をしっかり確認し、購入後も定期的にチェックすることを忘れないでください。赤ちゃんの体形に合ったサイズのものを使うのも大切ですが、使用するお父さんお母さんの体格にもしっかり合わせて使いましょう。

子供

必要な理由

チャイルドシートを使う目的は子供の安全を守るためです。六歳未満の子供には義務づけられていますが、六歳以上でも必要があれば使わねばなりません。選ぶときもまず安全基準に従っているか確認してから選びましょう。

ママと赤ちゃん

新生児から使えて便利

新生児から使える抱っこ紐を選ぶと長い期間、使用することができます。抱っこ紐を選ぶポイントは縦抱きか横抱きの2タイプあることを把握しておくことです。自分にとって使いやすい抱っこ紐をチョイスすることが重要でしょう。買い替えなどをせず長く使え、無駄がないと言えます。

子供

赤ちゃんと自動車利用

赤ちゃんを自動車に乗せる際、必須のものにチャイルドシートがある。チャイルドシートは、月齢や体重などにより対応可否がある。長期間使用したい場合には、対応年齢などを確認した上で選ぶことが重要である。また、対応車種があるケースもある。

ママと赤ちゃん

前抱っこの注意点

最近では、おんぶ紐よりも抱っこ紐の方が人気です。おんぶが苦手なお母さんも、前抱っこなら簡単にできます。しかし、前抱っこは赤ちゃんに危険な状態となる場合もあります。赤ちゃんを前抱っこしたら、お母さんは前かがみの姿勢は取らないようにするべきです。

子どもの安全を守る

親子

レンタルと購入

現代では自動車に子どもを乗せて移動するということがあたりまえになっています。一方で高速に移動する車は事故が起こると放り出されるリスクがありシートベルトの着用が義務付けられており、子どもの場合には大人のシートベルトは利用できませんからチャイルドシートを取り付ける必要があります。適切なチャイルドシートを取り付けることで事故が起こった場合に子どもが放り出され死傷するリスクを可能な限り低減することができます。チャイルドシートといっても種類があり新生児・乳児用のベビーシートと、幼児用チャイルドシート、学童用のジュニアシートと子どもの体格に合わせたものが販売されています。ベビーシートの場合には新生児からおそよ生後15ヶ月頃まで利用できるもので、幼児用チャイルドシートはおよそ生後9ヶ月頃から4歳頃までを対象とし、ジュニアシートは3歳から12歳頃までです。ほとんどの場合には生後9ヶ月から4歳頃までのチャイルドシートを使うことになりますが、期間としては4年程度と短いことです。このためチャイルドシートを手に入れる方法としてはレンタルと購入の2種類があり、購入でも中古品という選択肢もあります。このため新品を購入しても子どもが大きくなったら売ってしまうことができるのでトータルでの出費を抑えることができます。毎日子どもを車に乗せるといった場合には、購入した方が費用面でもお得ですが、子どもを車に乗せない場合には必要な時だけレンタルで借りた方がお得な場合もあります。また地域によっては無料の貸出制度や補助金支援を行っているところもあります。

オススメ記事

ママと赤ちゃん

安全に利用しよう

抱っこ紐を購入するときは、事故を防ぐためにも取り扱い説明書をしっかり確認し、購入後も定期的にチェックすることを忘れないでください。赤ちゃんの体形に合ったサイズのものを使うのも大切ですが、使用するお父さんお母さんの体格にもしっかり合わせて使いましょう。

子供

必要な理由

チャイルドシートを使う目的は子供の安全を守るためです。六歳未満の子供には義務づけられていますが、六歳以上でも必要があれば使わねばなりません。選ぶときもまず安全基準に従っているか確認してから選びましょう。