ニュース一覧

安全に利用しよう

ママと赤ちゃん

赤ちゃんを守るのは大人

赤ちゃんに抱っこ紐を使っている保護者のかたも多いかと思います。最近はいろいろと便利なものがありますが、毎年抱っこ紐が原因とみられる事故も報告されています。そこで、今回は抱っこ紐を使用するときに気をつけることをいくつか紹介したいと思います。まず、抱っこ紐による事故の種類ですが、抱っこ紐の隙間から赤ちゃんが落下したり、密着による窒息などがあります。事故を防ぐためにも正しい使い方が必要です。バックルの留め忘れや赤ちゃんの位置や様子、ベルトの緩みなど、抱っこ紐を購入するときは、消費者庁や東京都が推薦しているこれらのポイントを参考にしてみるのがオススメです。もちろん購入後も、取り扱い説明書はしっかり確認をするようにしてください。使用しているうちに紐が切れて赤ちゃんが転落、という事故もあるので、購入後も定期的にチェックをすることも忘れないでください。赤ちゃんは日々成長しており、体型も変わりやすいです。体型にあったサイズの抱っこ紐を使うのも大切なポイントです。なお、お父さんやお母さんが共通の抱っこ紐を使う場合も、必ずお父さんお母さんそれぞれの体格に合わせて調節してからにしましょう。もちろん抱っこ紐を使っているからと油断せずに、前かがみになるときは赤ちゃんの頭を支えるなどの自主的な注意も必要です。また、長時間抱っこ紐を使用することにより、足が紫になったりと血流が悪くなることもあるので気をつけてくださいね。

オススメ記事

ママと赤ちゃん

安全に利用しよう

抱っこ紐を購入するときは、事故を防ぐためにも取り扱い説明書をしっかり確認し、購入後も定期的にチェックすることを忘れないでください。赤ちゃんの体形に合ったサイズのものを使うのも大切ですが、使用するお父さんお母さんの体格にもしっかり合わせて使いましょう。

子供

必要な理由

チャイルドシートを使う目的は子供の安全を守るためです。六歳未満の子供には義務づけられていますが、六歳以上でも必要があれば使わねばなりません。選ぶときもまず安全基準に従っているか確認してから選びましょう。