ニュース一覧

必要な理由

子供

子供の安全を守るため

チャイルドシートは六歳未満の子供を車に乗せるとき、着用させなければならないとして法律で義務づけられています。新生児から五歳の子供まで、車に乗ったときの子供の安全を守るためにチャイルドシートは必要不可欠なアイテムです。小さいうちはいやがって泣く子もいるので抱っこしてあげたいと思うかもしれませんし、五歳近くになると面倒に感じるかもしれませんが、安全を守るためにも必ず設置して乗せなければなりません。非常にゆっくりと走っていても、チャイルドシートなしでは子供はあっさりと投げ出されます。そうなってからでは遅いのです。また、六歳以上でも、シートベルトが首にかかってしまい安全が保障できないような状態ならば、ジュニアシートの座席部分などを利用して補助してやる必要があります。年齢ではなく、その使い方で子供は安全なのかを考えましょう。チャイルドシートとジュニアシートの使い分けも子供の安全を第一に考えて行うべきです。チャイルドシートを選ぶときは、まず安全基準を満たしているかチェックしてから買いましょう。リサイクルショップなどにも多く出回っていますが、古いものは安全基準を満たしていないおそれがあります。現在の安全基準を調べ、それに遵守しているかをチェックしてから買うべきでしょう。使い勝手や値段を比較するのはそのあとです。使い勝手としては、ジュニアシートとしても使えるかや、回転して子供をのせやすいかなどがあります。口コミなども確認して選ぶのがおすすめです。

オススメ記事

ママと赤ちゃん

安全に利用しよう

抱っこ紐を購入するときは、事故を防ぐためにも取り扱い説明書をしっかり確認し、購入後も定期的にチェックすることを忘れないでください。赤ちゃんの体形に合ったサイズのものを使うのも大切ですが、使用するお父さんお母さんの体格にもしっかり合わせて使いましょう。

子供

必要な理由

チャイルドシートを使う目的は子供の安全を守るためです。六歳未満の子供には義務づけられていますが、六歳以上でも必要があれば使わねばなりません。選ぶときもまず安全基準に従っているか確認してから選びましょう。