ニュース一覧

赤ちゃんと自動車利用

子供

選ぶ基準について

赤ちゃんを自動車に乗せて移動する際、チャイルドシートは欠かすことのできないものとなっている。救急時などを除きチャイルドシートを利用せず自動車を運転した場合には、違反となるなどチャイルドシートは必須のものとなっている。チャイルドシートを選ぶ際には、注意する点などがある。チャイルドシートでは、赤ちゃんの月齢に応じて対応できるものが異なるということがある。首が座る前の赤ちゃんでは、フラットになるチャイルドシートが必要になる。また、チャイルドシートでは対応年齢があるため、長期間利用したい場合には対応年齢を確認した上での選択が必要になる。長期間利用できるものでは、座面を調整できるものが一般的である。月齢や子供の大きさなどに合わせ、座面を追加で取り付けたり取り外すことで長く使用できるタイプのものなどがある。チャイルドシートを選ぶ際には、取り付ける自動車に合ったものを選ぶということも重要である。通常は、シートベルトに取り付けるなど一般的な自動車であれば取り付け可能であるが、種類によっては取り付けられないケースもある。その為、対応車種を確認した上で選ぶことも必要である。その他、安全基準を満たしていることも選ぶ際には重要になる。チャイルドシートは、子供の安全を守ることが目的である為、安全基準を満たしていることが最重要の要素である。これらの基準を満たしているかについては、通常マークやシールなどが取り付けられているため、それらでの確認が可能である。

オススメ記事

ママと赤ちゃん

安全に利用しよう

抱っこ紐を購入するときは、事故を防ぐためにも取り扱い説明書をしっかり確認し、購入後も定期的にチェックすることを忘れないでください。赤ちゃんの体形に合ったサイズのものを使うのも大切ですが、使用するお父さんお母さんの体格にもしっかり合わせて使いましょう。

子供

必要な理由

チャイルドシートを使う目的は子供の安全を守るためです。六歳未満の子供には義務づけられていますが、六歳以上でも必要があれば使わねばなりません。選ぶときもまず安全基準に従っているか確認してから選びましょう。